インターネット上の誹謗中傷対策

口コミ削除(誹謗中傷・名誉棄損)

ネットによる風評被害は大きな社会問題

インターネット上の掲示板や口コミサイト、さらには、FacebookやTwitterなどのSNSで様々な情報が氾濫している現在、病院やクリニックに対する書き込みでのトラブルも増えてきています。事実無根の投稿による風評被害は、医療機関の業務や経営にとっても悪影響を及ぼす危険性があり、看過できないものです。こうした書き込みは、その真偽に関わらず瞬時に情報が拡散してしまうため、できるだけ早い対応が必要となります。

ネットに蔓延する誹謗中傷への対応

「あそこの医師は患者を人と思っていない」「あの病院はヤブ医者ばかり」―。
病院選びに利用されることの多い匿名掲示板やサイトには、こうした悪意に満ちた記述が見られることもあります。また、個人のブログで特定の医療機関の悪口を書き連ねているケースもあります。こうしたネットでの誹謗中傷により、医療機関の社会的評価が低下すれば、患者離れが起き、病院の経営にも影響を与えることになりかねません。

こうした誹謗中傷の記事を削除し、書き込み者を特定するには、まず、そのサイトの当該箇所をプリントアウトなどして、証拠を保全することも必要です。さらに、こうした書き込みに対してネット上で反論することは避けなければいけません。
被害を受けた医療機関が独自にwebサイトの運営管理者に削除を依頼すること自体は、本人でも行うことができますが、依頼する方法は各サイトによって異なるほか、なかなか削除依頼に応じてもらえないのも実情です。弁護士において、所定の手続きにのっとり、根拠となる法的構成やそれを裏付ける裁判例等の資料を加えることで、削除依頼が認められやすくなります。

書き込みの内容が本当に誹謗中傷に該当するかどうかなどにも注意が必要です。医療機関側は、こうした悪質な書き込みには反論をせず、できるだけ早い段階で、インターネットトラブルに精通している弁護士に相談することが効果的です。弁護士は、インターネット上の投稿によって個人(または法人)の権利が侵害されている場合、記事が掲載されている掲示板やサイトの管理者に書き込みを削除するように請求、拒否された場合には裁判所に申し立てを行うなど、適切かつ迅速に、対応します。是非当事務所にご相談ください。