医療費未払い金の回収

未払い医療費の回収

近年増加する医療費の未払い

医療機関における収入の9割は医療費が占めています。しかしながら、医療費の未払いは年間で370億円発生しているといわれ(四病院団体協議会の加盟病院総計)、病院経営を圧迫する大きな要因の一つになっています。未払い金が近年増加している背景には、「不景気による生活困窮者の増加」「保険診療の一部負担金の割合が1割から3割に上がり、患者の自己負担額が増加」「支払い能力があるのに支払わないモンスターペイシェントの増加」などが挙げられます。
こうした未払い金に対しては、まずは未払いを発生させないための予防対策、そして、発生した場合の速やかな回収が求められます。

未払い医療費への対策

未払い医療費を発生させないための対策としては、まず、入院を伴う治療など高額になるものは、あらかじめの与信管理として、①支払い条件を事前に書面化②遅滞が発生した場合の支払い計画を明記して念書をつくり、連帯保証人をおいてもらうーなどの防止策が必要です。
それでも未払金が発生した場合には、速やかに回収作業に着手します。内容証明郵便や電話での督促、それでも未払いが続く場合は、訴訟の提起となります。こうした手続きを病院職員が日々の業務の中で行うには、時間も労力もかかり、精神的なストレスが生まれてしまいます。

未払い発生時のシステムづくりも必要

未払い医療費の回収に必要となるシステムづくりのほか、回収には、決まった書式やフォーマットがあります。法的手続きが始まれば、その対応も煩雑となります。
当事務所では、必要なシステムづくりのほか、回収に必要な書式の提供、調停や訴訟などの相談にも応じています。もちろん個別の未収金の回収にも対応しますが、顧問契約を締結していただければ、治療を受けたにも関わらず支払いを拒むモンスターペイシェントへの対応など、さまざまなご相談にその都度お応えできるほか、回収に要する費用を抑えることも可能となります。是非、ご相談ください。